不倫慰謝料でお悩みの方へ

 

はじめまして。安富行政書士法務事務所の安富ゆきえと申します。


私は行政書士として、配偶者の不倫による慰謝料請求の作成と、不倫の慰謝料問題に寄り添ったカウンセリングを専門として10年目となります。

 

このページをご覧になっているあなたは、配偶者の不倫問題に直面し、慰謝料請求する側に立ってしまい苦しんでいる事と思います。

 

きっかけは、私自身の実体験でした。

 

実は私も同じ立場に立たされたことがあるのでとてもよく分かります。

 

なぜなら他ならぬ私自身が元配偶者の不倫・離婚で苦しんだ経験があるからです。

 

当時の私はまだ子供が小さかったため、誰にどのような相談をして良いか分からず、

本当に辛く苦しい日々を過ごしていました。

 

そこで自分なりにいろいろ調べているうちに、行政書士という職業の方にたどり着きました

不倫による離婚問題に直面した際の書類の作成に関して、何度も相談に行きました。

そのうちに法律に関して詳しくなり、慰謝料を請求するために何をすべきかがはっきりと見えてきました。

 

それと同時に、私自身も自分と同じ立場で苦しんでいる方を助けたいという気持ちが強く芽生えました。

 

冷静になって現実的な対策をしましょう

 

このページをお読みのあなたは、おそらく以下のような状況だと思います。

 

 夫または妻の不倫相手に慰謝料請求をしたい。

 不倫問題を抱えていてどうして良いか分からない。

 夫または妻の不倫相手に慰謝料請求の内容証明郵便を送りたい。

 夫または妻の不貞行為で離婚をするので配偶者に慰謝料請求したい。

 夫の不倫相手が妊娠してしまった場合の慰謝料や養育費の相談をしたい。

 不倫に関する慰謝料の全体的な相場が知りたい。

 内縁の夫または妻に一方的に内縁関係解消された。

 内縁の相手が浮気をした。

 婚約者に一方的に婚約破棄された。

 婚約者が浮気をした。

 

信頼していたパートナーが不倫していることを知った日から辛く悲しい日々が続いていることと思います。

苦しくて悲しくて、もうどうして良いかわからずに途方にくれている状態かもしれません。

パートナーと離婚はしないけど慰謝料を請求したい・・・請求してもパートナーとの関係は今後、大丈夫なのか・・・

誰にも言えない問題だけど、相談だけでもしたい・・・

様々な状況にあるでしょう。

 

また不倫相手に怒りの感情が芽生え、

 

慰謝料を請求してやる!

 

と感情的になってしまうことも無理もないことだと思います。

言い方は悪いですが殺意に近い感情を抱かれている方もいるかと思います。

 

しかしそこで感情的に行動しても、残念ながらあなたにプラスになることはありません。

 

少なくともこのページをお読みのあなたは冷静に、現実的な対策を講じていかなくてはなりません。

 

裁判をする、その前に。

 

さて、現実的な対策と言いましたが、

多くの人が真っ先に思い浮かび、そしてもっとも分かりやすのは「裁判」だと思います。

 

しかし、果たしてそれは本当に現実的な選択肢でしょうか。

 

裁判には弁護士費用を含め、多額の費用がかかります。

裁判をすると弁護士費用が発生し、まず着手金のみで30万円前後かかり、さらにそれとは別に成功報酬もかかります。

また裁判は金銭面の費用だけでなく、時間的なコストもかかります。

不倫に関しての裁判は、一般的に1〜2年程度の時間がかかるとされています。

 

また精神的なコストもかかります。

言うまでもなく弁護士は法律問題のプロですが、心理的サポートは難しく、いつもでも連絡をすることはできないケースが多いのが実際です。心のケアまでしてくれません。

 

これらのことを考えると、実は裁判は気軽に考えられるほどハードルは低くはないのが実情なのです。

 

そこで。

一番現実的で最善の選択肢は、国家資格を持つ行政書士による、裁判をしない「内容証明による慰謝料請求」のサポートを受けることではないでしょうか。

 

まずはじっくりとお話を伺いますので、私とともに裁判せずに慰謝料請求する方法を一緒に考えていきましょう。

 

まずは無料で相談してみる

 

あなたに本当に必要なのは、心からの解決です。

 

先ほどもお話ししたように、行政書士や弁護士など、法律に詳しい士業の人に相談すると、慰謝料請求に関してやるべきことが見えてきます。

当たり前のように法律にも自然と詳しくなっていきます。

 

当時のわたしも、行政書士の方に相談していく中で、法律に関して詳しくなり、問題は全て解決できると信じていました。

 

 

しかし、そこで私自身、辛く苦しい気持ちはそのままでした。

 

法律問題の答えは明確になっても、不安で心細い気持ちはなくならなかった。すごく悩みました。

 

残念ながら本当の解決とは程遠い、苦しい思いを抱えながらの毎日でした。

心の底から解決したとは言えない、なにか胸の奥に突っかかるようなものを常に抱えていたことを覚えています。

つまり「心」の問題は解決しなかったのです。

 

 

法律問題を解決できても、心の問題を解決できる行政書士がいない・・・

 

そんな気持ちを抱いていました。

 

 

そして、決意しました。

 

だったら、わたしがなろう、と。

 

 

わたしはこの自分自身の経験から、不倫問題には法的サポートと同じくらい、心理的サポートがとても大切だと実感しました。

 

同じ悩みを持つ方の心に寄り添い、一人でも多くの方を救うため、法律的なサポートはもちろん、同じくらい心理面のケアを大切にした不倫慰謝料請求の専門家を目指そうと行政書士の資格を取得しました。

 

また行政書士取得後に不倫問題の法律問題に様々な問題を解決していく中で、心の問題はひとりひとりに応じた専門的な深い心理的サポートが必要と実感し、心理カウンセラーの資格も取得しました。

 

わたしは同じ経験をした一人の人間として、同じ目線で寄り添い、心の底からあなたに共感できると確信しています。

 

まずは無料で相談してみる

 

 

 

お値段に関して

 

料金の方ですが、慰謝料の請求書の作成と心理的サポートを含め5万円~で提供させていただいております。

案件によって値段は変動しますので、詳しくはご相談ください。

 

内容証明などはネットで雛形を見て自身で作れるから・・・そう思われるかもしれませんね。

ただし、そこには心理的なサポート一切はありません。

 

不倫の慰謝料請求の問題を一人で抱えるのはとても苦しいことです。

誰か、寄り添って、共感してくれる人がいるだけで、精神的に全然違ってきます。

ぜひ、私に寄り添わせてください。

 

また、内容証明作成につきましてわたくし行政書士は、法律文書作成のプロです

 謝料請求の法的根拠と期限を明記して請求しますので、相手方が請求に応じる可能性が高くなるという効果があります。

 

また少し難しい話になりますが、離婚されない場合で不倫相手が慰謝料を支払った場合、

不倫相手からあなたの配偶者に対して払った慰謝料の負担部分を支払ってくださいという権利【求償権】が発生する可能性があります。

当事務所で作成する内容証明は求償権をなるべく防ぐ内容にしていきます。

さらに相手方が慰謝料請求の示談に応じてきた場合は示談書の作成をいたします。

 

当方は書類作成とそれに付随する相談がメインとなりますが、可能な限り、いつでもお電話でご相談いただける寄り添いサポートを行っております。

 

不倫・離婚の経験者である行政書士兼心理カウンセラーが寄り添い、心理的サポートを大切にした不倫の慰謝料請求をお受けいたします。

大切なことなので何度も言いますが、不倫による慰謝料請求問題には法的サポートだけでなく心理的サポートも充実した行政書士を選ぶべきです。

 

まずは無料で相談してみる

  

抱えている思いを全てお話しください。

 

 まずはあなたの思いを受け入れる事から始めます。

抱えている思いを全てお話ください。

もうあなたはひとりで悩む必要はありません。

苦しさを決して、ひとりで抱え込まないほうがいいでしょう。

問題の解決に向け一緒に歩んで行きましょう。

 

 

不倫問題はいつどのような問題が起こるかわかりません。

そして心理的にも不安定になりますので、どうしても今お話を聞いてもらいたいという状況になることも多くあります。

あなたを心細くさせたり不安にさせないよう精一杯のサポートをさせていただいております。

私達がまずすべきは、冷静に状況を把握し、手順を踏むことです。

まずはあなたの抱えている問題を、お気軽にお話ください。

 

まずは無料で相談してみる

 

 

最後に

 

本当に慰謝料を請求した方がいいのか。

もう少し考えた方がよいのか・・・

一歩を踏み出すことに悩まれているかもしれませんね。

しかし、いつまでも問題を長引かせる事は賢明な方法ではありません。

一日でも早く解決し、新しい道への第一歩を踏み出せるように

早急な問題解決に向けて精一杯サポートいたします。

同じ経験をしたことがないと分からないこともあると考えます。

慰謝料請求はすぐにでも解決すべき問題です。

あなたの貴重な時間です。人生は有限です。

早めに解決してまた新しい人生をスタートしましょう!

 

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!

まずは無料で相談してみる

 

 

 

 

⚠注意⚠

尚、以下の要件に該当する場合は慰謝料請求のご依頼をお受けできませんのでご確認ください。

 

 請求の相手方の住所、勤務先または氏名が不明な場合

 不倫等の証言や証拠が全くない(できる場合もありますのでご相談ください)

 不倫関係を知ったときから3年経過している(時効の成立)

 不倫の相手方が既婚者と知らなかった場合

 あなたと配偶者の夫婦関係が破綻状態にある(別居中等)ときに不倫関係になった相手に対する請求

 不倫関係(いわゆる肉体関係)がない場合

 配偶者の不倫相手が既婚者である場合、不倫相手の配偶者からあなたの配偶者へ慰謝料請求がある可能性があることにご了承いただけない場合

 

以上の項目に当てはまるものが一つでもある場合はご依頼をお受けすることはできません。ご了承ください。

 

また、婚約破棄・婚約破棄による慰謝料請求、配偶者に対する慰謝料請求も行っております。

 

注:当事務所では行政書士の職権の範囲内での業務をおこなっております。

あくまでも書類を通じてご依頼いただいた方の権利を主張するサポートをさせていただいておりますので、

代理人としての相手方との直接の交渉はおこなっておりません。

また、裁判等の手続きに関するご相談やご依頼はお受けできません。

 裁判に関するご相談は弁護士事務所にご相談くださいませ。

ご依頼した件が裁判に移行する場合は弁護士をご紹介させていただきますのでご了承くださいませ。

 

安富行政書士法務事務所

電話番号:045-232-4491

相談室:横浜市中区弁天通3-39ライオンズマンション関内第2-610

住所:横浜市中区本牧原35番18